スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

次巻

 

 

26歳になりました。

25歳の最後は幕張メッセでツタロックのトリを務めさせてもらいました。

しかも一番大きいのステージでね。

その前々日が札幌で、

しかも大雪の。

もう春みたいな気分で

バッチリ油断していましたので

実は風邪を引いてしまっていました。

ツタロックの当日の朝起きてすぐ

「これは、、」

となって絶望していました。

 

元から喉も良くない方だし

ライブも多いバンドだから

特にボーカルの俺が倒れたら終わるなー、って

それなり体調には気をつけてて(二日酔いを除く)

みんなにも

「椎木は風邪やられないねー。」

なんて褒められてたくらいで

ここ2年くらい風邪なんて引いてなかったからびっくりしたー。

 

でも病は気からを信じて

飯食って

歌って

歌って

本番に備えました。

 

ライブも良く見る方で

フェスのクリープハイプの出番は

だいたいお客さんに混じって

客席観るようにしていて

その時毎回思うんだけど

フェスって本当に楽しそうだよね。笑

客席の入り交じってる感が大好きです。

あと周りの女子たちが大声で

「セックスしよう!!!!」

とか叫ぶから

おじさんは毎回照れてます。

 

僕らの出番も

反省点はあるけど

よかったんじゃないの?

といった感じでホッとしました。

誕生日前日に

あんなたくさんの人にライブ見てもらえたら

もうありがとうしか出てこないね。

噛み付いたり、悪態ついたり、

思いつきもしなかったなー。

 

そして翌日のバースデー当日は一人でいました。

ボイトレ行って、

ホテルで曲作り。

気合い入ってるよね。

一日中喉の違和感でイライラしていたけど、

今思ったら前日までのステロイドの副作用だったのかなー。

 

俺が思いついた中でも一握りが

俺に選ばれて、

バンドで擦り合わせて

さらにその一握りが

バンドに選ばれて、

その中から

レコーディングスタジオで、

エンジニアさんや、

レーベルや、

事務所や、

機材や、

体調や、

季節や、

時間帯や、

全てに選ばれたタイミングで

たった一つの形になって、

その中から

すごいたくさんの人を経て、

お店に並んで、

データになって、

映像に流れて、

日本にいる本当に一握りの人が買ってくれて、

その中からさらに一握りの人が愛してくれて、

その中からさらに一握りの人が会いに来てくれる。

 

と思うとやばいですー。

 

プロとして、とかじゃなく、

人として、

貰った分、

何か返せるように、

26歳も益々頑張ります!

いつもいつも、

感謝しています!